【第17回 座談会を行いました(6月29日実施)】2016年06月29日

モラブでは社員の交流を図り、情報交換を行う場として、毎月1度テーマに沿った技術者社員を集め、座談会を開催しています。
現在C言語の研修を受講されている社員の方にお集まりいただきました。



Q.最初に、よく見知った間柄とは思いますが自己紹介をお願いします。

後藤:今年入社し、モラブの神戸事業所の請負チームに配属される予定なんですが、7月上旬までは社内でC言語の研修を受けています。よろしくお願いします!

南:私も後藤さんと同じです。北海道の大学出身で情報システム工学を学んでいました。配属までの期間でC言語をおさらい中です。

久保田:私は入社してすぐに大手電機メーカー関連企業様に出向が決まり、2か月ほどそちらで働かせて頂いていました。大学で電気電子工学を学んでいましたが、出向先ではC言語のスキルが必要なため現在社内でC言語を猛勉強中です。頑張ります!




Q.それぞれ学生時代にやってきたことが異なりますが、勉強の進み具合はいかがですか?

南:神戸事業所の近くのPC教室で、モラブの担当講師の方について頂いて学習しています。大分前に基礎的な部分は終わってしまったので、今は勉強というよりも自分が書いたプログラムを前に出てきて発表するということをしています。

後藤:私と南さんは同じクラスなんですが、人の書いたプログラムを見るのが楽しいです!人によってやはり全然違うので勉強になります。いかに行数と処理数を少なくするかを考えないといけませんからね。

南:色んな書き方があって奥が深いですよね!面白い書き方をする人もいます(笑)

久保田:私は今まで電気・電子回路やパワーエレクトロニクスをずっとやってきたわけなんですが、プログラミングに関しては初心者で…。今は神戸事業所のデスクをお借りして、テキストやプリントの問題を解きながら勉強しています。分からないことはすぐ近くの請負チームの方に質問させて頂いてます。7月に出向先企業様で研修の成果をはかるテストがあるので、それまでにマスターしないといけないのですが、なかなか概念を捉えるのが難しいです。

後藤:直感でやってしまう部分があるので、どうやったらコードが書けるのかとなると難しいですね…。全体をイメージすることが大切だと思うんです。

南:質問の仕方を変えてみるのはどうですか?「ここが分かりません」ではなくて「これはどういう考え方をすればいいですか?」と聞いてみるとか。それに詳しく解説している参考書やサイトを見てみるのも良いと思いますよ!久保田:そうですね、アドバイスありがとうございます。重要な部分から優先的にやっていこうと思います。

Q.やはり基礎から身につけることが大事ですよね。最後に皆さんの目標を教えて下さい。

久保田:出向先に戻った時に成果が見せられるように、とにかく今の勉強をしっかりやっていきたいと思います。

南:まずは基本情報技術者の資格を取りたいと思います!

後藤:取れる資格は全部取りたいという気持ちです。モラブでは資格手当が出ると聞いているので、まずTOEICの650点を目指して頑張っていきたいです。



ありがとうございました!

QRコード

QRコード

RSS1.0 RSS2.0

※カテゴリー別のRSSです