【第13回 大阪地区懇談会(3月22日実施)】2017年03月22日

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

昨年度より月に一度、指定水曜日の18:30~20:00に、4地域(姫路・三田・神戸・大阪)にて
『地域別懇談会』を行っています!
出向している社員の、モラブへの帰属意識を高めたり、モラブからの重要事項・懸案事項を
伝達するなどの場としています。
今回は、2017年3月22日に開催された大阪地区懇談会の様子をお伝えします

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


今月のテーマは・・・ 社員のスキルアップについて


今回は24名の参加者が集まりました!

最初に現在の会社の動きについて説明を行いました。
社員一人一人がスキルアップすることによって、企業様におけるモラブの評価が上がります
そのため、モラブにとっては社員のスキルアップが非常に重要なものとなります。
資格手当研修受講費補助等のスキルアップサポートを利用して、
資格の取得や研修を受講するよう促しました。



今年1月には尼崎技術研修所が開設し、研修生4名が研修開始約1ヶ月でITパスポートの資格を
取得したことをお知らせしました 研修所開設の最初の成果となりました!


後半は神戸事業所の池田所長より、システム受託開発の状況についてお話がありました。


今回、請負事業としては新規の企業様より案件を頂くことができました。
派遣や紹介としては多くの実績を上げている企業様ですが、重要機密事項を含むシステムの開発案件を
自社系列以外の会社に外注されたのは初めてとのこと
これも一重にモラブの社員が日頃企業様で高い評価を頂き、実績を上げているお蔭といえます


最後に、4月に転籍する社員2名から挨拶がありました。
今後も企業様に大きく貢献し、モラブの名を轟かせてほしいと思います!

QRコード

QRコード

RSS1.0 RSS2.0

※カテゴリー別のRSSです