身障者への
取り組み

ハンディキャップはモラブの障壁にはならない

これからの働くことへの取り組みとして、モラブでは身障者の雇用に取り組んでいます。

モラブでは身障者雇用についても積極的に取り組んでいます。2018年6月に「身障者プロジェクト」が神戸事業所で発足し、5名の社員が在籍しています。
最初は簡単な入力作業からスタートし、段階を経てステップアップしていく事を想定しています。チームとして業務を遂行し、やりがいを持って仕事に取り組めるような職場環境を目指しています。
社員1人1人ができる事を増やし、キャリアアップできる体制を整え、会社全体の効率化を図り、生産性向上に貢献しています。