外国人技術者への
取り組み

モラブでは優秀な海外の人材を積極的に採用しています。

企業様、外国人技術者双方にメリットが生まれるよう
モラブがサポートします。

取り組みEffort

モラブでは2005年から10年以上に渡り外国人を正社員として採用し、技術者不足解消の一端を担ってきました。現在ではベトナムを中心としたアジア諸国から様々な国籍の技術者を採用しています。採用した外国人技術者は尼崎技術研修所にて、日本語講師による日本語の研修や日本でのビジネスマナー、情報セキュリティ教育などを実施しています。
日本語能力については、全員が日本語能力試験2級(JLPT N2)を目指して勉強しています。また、ビザ申請手続きや住居のサポートもモラブで行い、日本での就業を支援します。

  • 国籍

    ・N.V.Lさん(ベトナム人)・・・2019年入社。大手上場電気機器メーカーに出向中。配電盤の電気設計業務及びそれに付随する業務を担当。

    ・D.Nさん(ブータン人)・・・2019年入社。大手上場情報・通信企業に出向中。WEBやスマホ向け3Dデータ可視化ツール作成を担当。

  • 企業転籍の実績

    外国人技術者が出向先の大手企業に高く評価され、企業に転籍するケースもあります。

    ・N.D.Pさん(ベトナム人)・・・2015年入社。来日して3年間は機械加工などを行うも、技術者として設計業務に就きたいと思い、モラブに入社。入社後、医薬品関連機器メーカーにて医薬品などの検査装置の設計開発を行う。真面目で、正確な仕事ぶりが認められ、2019年に転籍。

在籍する外国人社員Employees enrolled

  • 国籍

  • 職種